レビトラはどの程度の時間効果が続く?

レビトラには10mgと20mgがあり、それぞれ持続時間は5時間・10時間となっています。
用量に比例して持続してくれるので、プレイにかける長さに応じて選ぶのもいいですが、多くの場合において処方を受けるのは20mgとなります。
ED治療薬は用量が変わっても、価格に大きな違いが出ないためです。
中途半端な勃起力では満足のいく性行為はできません。
用量が大きくなるほど勃起力も高まり、それに比例するように感度も向上するのです。
マスターベーションにも言えることですが、射精感が強いと感じたときは勃起力も強くなっているものです。
レビトラには5mgも存在しますが、処方しているクリニックは非常に少ないです。
主流は20mgであり、副作用が強いという方には10mgが処方される場合もあります。

10時間という持続効果は、性行為をするのに十分なものです。
バイアグラでは効き目が短いという方にもおすすめです。
レビトラはバイアグラと同様にアスリート型のED治療薬ですが、より即効性が高いという特長があります。
食後に服用する場合も、バイアグラほどの影響は受けません。

持続効果が短くてもいいという方は、20mgを2つに割って飲むのもいいでしょう。
通販サイトで錠剤カッターを購入すれば、均等に2分割することができます。
2回分として利用できるのでコストカットにもなります。
レビトラは1錠1,500円~2,000円が相場なので、半錠にして飲めば750円~1,000円までコストダウンできます。
個人輸入を利用すれば格安で入手できますが、すべて本物ではありません。
本物のレビトラを安く服用するためには、クリニックで入手して割って飲む方法が確実です。