何故レビトラは保険適用外なのか

レビトラとは、バイアグラ・シアリスとともに3大ED治療薬のひとつとなります。
通常、レビトラの服用は、性行為の1時間前といわれています。
しかし、レビトラは、バイアグラやシアリスと比べると、即効性がありますので、性行為の15分前に服用したとしても、効果は期待できます。

 レビトラが何故、保険適用外なのかについては、薬価基準未収載であるためです。
ゆえに、どこの医療機関でも保険適用外となり、自費診療となります。
残りのED治療薬であるバイアグラやシアリスに関しても同様で、薬価基準未収載のため、保険適用外となります。
薬の認可は、厚生労働省の管轄となります。
ED治療薬は、勃起不全を一時的に改善するものであり、根本的治療になるものではないという見解から、単なる生活改善薬として位置づけされているためです。

 レビトラは、服用すれば勃起するというような薬ではありません。
性的刺激を受けて、性的興奮をした後、いざ勃起をした時に、それを補助する薬です。
前述したように、まずは性的刺激が必要であるということに注意しましょう。
なお、レビトラを服用することによる性的興奮作用や、性欲増強作用などの催淫効果もないということを理解して下さい。