保険が適用されない薬の例

保険診療は医療行為だけではなく、お薬にも適用されるといいます。
保険適用のお薬は3割負担で購入することができるので、とても助かるものが多いのです。

ですが、なかには保険が適用されない薬などもあるので、とても困ることがあります。
例として、避妊目的のピルやEDや脱毛の治療薬、美容目的の薬などです。

簡単にいうと、特定の病気を治療するためのものではない薬を保険が適用されない薬というのだということです。
ただし、原則は適用外でも保険として扱われるものもあります。
それはHRTというホルモン治療では骨粗しょう症や更年期の症状などに使われるものは保険が適用はされるといいます。

薬本来の目的以外のために処方するお薬を適用外処方というのですが、それらも保険診療として扱われることはないということです。
例でいうと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療に使われることにある薬などです。
これらの薬は消化性の潰瘍などに使われるものとして決められていますが、ほかの潰瘍などでも使われるものでもあるからです。

きちんと一定の効果のあるお薬として認められていますが、本来の目的と違う目的のために使用されているということで、保険適用されるお薬として認められていないのです。